税務申告や相続の事は弁護士に相談【悩みトータルサポーター】

笑顔

プロの弁護士に任せる

スーツ

会社経営をする人達は多いですが、その大半は3年以内に経営困難な状態まで陥ってしまうことがあります。その際は会社破産をすることで債務が残っていたとしても免除されます。

Read More

破産の手続きを行なう

スーツ

会社破産は、破産法に基づいて会社清算を行う手続きのことを言います。 会社が行き詰まり借金の返済の目途が立たない場合は、会社破算の手続きをした方が良い場合もあります。

Read More

おすすめ関連サイト集

  • 赤羽税務会計事務所

    残された人に幸せになって欲しいと考えていませんか?相続を川越で申し込みたいと考えているならここからとなっています。
  • 今西法律事務所

    法律の専門家が相続を相模原でサポートしてくれます。自身で解決出来ないようなトラブルに見舞われた場合、相談してみましょう。

経営が厳しい状況

女性

新しく会社を設立したとしてもやり方によっては会社経営が困難になってしまうこともあります。そういったトラブルが発生したときはすぐに弁護士へ相談をしましょう。インターネットから弁護士のホームページを探せます。

Read More

会社経営の問題

自治体まで対応してくれる専門家です!岡山の弁護士に相談することで、問題を解決できますよ。身近な存在になってくれるのがこちら。

法人税を節税する方法とは

男性

会社を経営していると、3月はとても憂鬱な気分になると言われています。それは確定申告の季節だからです。会社を経営している以上、納税の義務が発生します。利益に対して法人税がかかりますので、そのような計算をしなければなりません。大半の会社が顧問税理士に頼んで税務申告を済ませています。そこで考えたいのは、なるべく節電をする方法です。例えば、法人税の節電をする方法を税理士は知っています。もちろん、法律に抵触しない程度の節税をする必要があるのです。素人が節税を行おうとしてもなかなかうまくいかないことがあります。法人税を説明したい場合などは、顧問となっている税理士に相談するようにしましょう。まずは相談から始めても良いかもしれません。

税務の申告方法について

確定申告における税務申告は、必要書類を持参して関係各所に申請しなければなりませんでした。しかしながら最近では、インターネットによる申告も可能となっています。インターネットを使えば簡単に申告を行うことができるので、利用する人も増えてきているようです。しかしながら、インターネットのセキュリティを加工するための手続き等が煩雑なのでなかなか利用する気になれないと思います。そのような場合には税理士に相談してどのような申告が良いのかを決めてみましょう。また、法人税の節税等、節税対策をする場合にも税理士への相談が有効です。もちろん、節税の範囲にもよりますが、自分でも税制について勉強してみることをお勧めします。